オーリスタットによる肝障害のリスク

アメリカの検査機関であるFDAが正式にダイエットに有効であると認めた成分としてオーリスタットがあります。
消化酵素の働きを阻害して脂肪の吸収率を低下させる成分ですが、強制的に脂肪をカットできるゆえにダイエット効果を得る事ができます。
アメリカではダイエット治療薬として用いられていますが、日本は未認可の成分です。
未認可の理由は肝障害のリスクがあるからですが、強制的に栄養をカットする事によって肝機能に影響を与え、腹痛や嘔吐、さらには呼吸困難や重篤な肝機能障害が発生する可能性があると言われています。
ですから日本では安全の為にオーリスタットの使用は認めていません。
しかし、このような重篤が副作用が発生するケースは割合としては非常に少ないとされています。
ですからオーリスタットの使用を望む声もあるようですが、そういった方の中には個人輸入で手に入れるケースも少なくないようです。
海外から輸入して使用する事はできますので、自己判断だけで輸入して使用するケースもあるのです。
個人輸入で手に入れて使用する分には問題はないようですが、しかしながらその場合の責任は全て自分自身にあるという事を理解しておく必要があります。
そして自己の安全の為にも使用中に何らかの副作用が見られた際にはすぐに病院に相談する事も忘れてはいけません。
肝障害のリスクがあるという事は時には生命にも関わってしまう可能性もありますので、副作用の発生には目を光らせておく事が大切です。
また、使用する際には必ず用量を守るという事も重要なポイントです。
自己判断で使用する際には安全面へのガードが緩くなりがちですので、多めに飲むなどの間違った使用方法にならないように注意しなければいけません。

オーリスタットはなぜ日本で認可されないのか

ダイエットに有効な成分としてオーリスタットという成分があります。
この成分はアメリカのFDAという機関から認可され、ダイエットに効果があると認められている成分です。
オーリスタットの働きとしては、リパーゼの阻害作用です。
リパーゼというのは脂肪の分解を行う消化酵素の事ですが、この成分の働きによって人体に吸収され易いサイズまで脂肪分が分解されるようになります。
しかし、オーリスタットを服用する事によってリパーゼの働きを阻害する事ができますので、脂肪分が吸収され難くなり、それによってダイエット効果を得る事ができるというものです。
非常に画期的な成分として注目されているのですが、しかしながら日本では認可されていません。
なぜ認可されていないのかと言えば、肝障害のリスクがあるからです。
肝障害が見られたケースは全体からすれば極僅かな割合ではありますが、時には重篤な問題な発生する恐れがありますので、日本では認可されていない状況です。
しかしながらオーリスタットは個人輸入という形で簡単に手に入れる事ができます。
また、個人輸入で入手して利用するのは問題がありませんので、自己判断で利用されている方もいるようです。
ただし、もし何らかの副作用が発生した場合には全て自己責任になりますので、その点はよく踏まえて利用しなければいけません。
そして使用中に異常を感じた際には速やかに使用を中止すると共に、病院での診断を受けるようにする事が大切です。
また、個人輸入を利用する際には偽物の存在にも注意が必要です。
このように人気がある薬の場合は偽物が製造販売されている可能性もありますし、重篤な作用が発生する恐れもありますので、併せて注意すべきポイントと言えます。

オーリスタットのリバウンドリスク

オーリスタットは運動や食事制限がなく、服用するだけで痩せられるダイエットです。
世の中には食事内容を変えるダイエット、運動をメインにしたダイエット、サプリメントを飲むダイエットと、様々なダイエット法があります。
食事の後に服用するだけで済むオーリスタットでのダイエットは楽な部類に入るでしょう。
食事の内容を変えず、運動も必要ないので人気が高まっています。
しかし、楽なダイエットにはリバウンドのリスクがあるということを頭に入れておいてください。
オーリスタットは油分の吸収を抑える効果があり、油っこいものや肉中心の食生活をしている人にとっては効果的です。
何より、普段の食事を変えること無く体重を落とすことができる点が人気の秘密と言えるでしょう。
しかし、オーリスタットの飲み過ぎには注意してください。
オーリスタットは医療機関でも使われている肥満治療薬で、サプリメントや栄養補助食品とは違います。
飲み過ぎれば副作用もありますので、用法・用量は必ず守ってください。
どうしても合わない場合は医師に相談することも必要です。
ダイエット全般に言えることですが、リバウンドのリスクも考えて生活するようにしましょう。
長期間ダイエットの失敗をしていた人が成功すると「リバウンドしても、またダイエットをすればいいや」と元の量以上に食べてしまいがちです。
または「オーリスタットを飲んでいるから、少しくらい多目に食べても平気だろう」と、食べる量を増やしてしまうことです。
普段から意識して食事の内容を変える、少し運動をする、規則正しい生活をするなどオーリスタットだけに頼らないダイエットを心掛けましょう。
リバウンドのリスクを減らすには、そういった意識を持つことが大切になります。
■さっそくチェック
オーリスタット(オルリスタット)
■もうデブだとは言わせない
ゼニカル